様々な建物の防水工事や外壁塗装で耐久性の維持と資産価値を守る社員を江戸川区で求人

お問い合わせはこちら

事業案内

建物の防水性と耐久性を確認し工事でメンテナンスを

OUR SERVICE

建物は一度建ったらそれで完了ではなく、経年劣化を定期的にチェックして必要に応じてメンテナンスが必要になります。特に地震大国である日本は、相応の耐震性が求められるため、老朽化に伴う耐震性の低下は最悪命に関わることもある懸念材料です。
そのため、防水工事や外壁塗装工事の需要は、日本にある建物の数だけあるとも言え、需要が途絶えることは基本的にありません。株式会社FLIPではその安定した業界で働く正社員を江戸川区近隣で求人し、より多くのお客様に安心をお届けできるよう尽力いたします。


防水施工を通して建物の内部からの腐敗と劣化を予防する

建物の防水性に関して大きな要素が二つあり、そのうちの一つが「ルーフィング」と呼ばれる防水シートです。これは屋根や外壁を施工する際、建物と外装の内側に貼り付けるシートであり、このシートが防水性を発揮することで外装にヒビや亀裂が発生しても、内部への水の浸食を防ぐ役割を果たしています。
仮に雨漏りするほど建物の内部まで雨水が浸食できる状態では、建物の基礎が錆びるまたは腐敗する条件が整っており、その状態では建物全体の耐震性が著しく弱まっていることは、想像に難くないでしょう。地震大国である日本ではそれは致命的とも言える要素であり、建物を利用する方々や住民を守るためにも、定期的な防水施工でメンテナンスすることが大切です。ルーフィングの寿命は20年前後であるため、この期間を目安にすることがおすすめです。

耐候性・耐水性を高め資産価値を維持するために重要な外壁塗装

一般的な方にとっての外壁塗装は、建物の審美性を整えるものであるケースが多々ございます。確かに外観の審美性は大変重要であり、特に飲食店等お客様を相手にする建物の場合、新規様の入店率を大きく左右する要素です。外壁塗装はその審美性に加えて、機能的な側面として耐候性・防水性を持ち合わせており、太陽の紫外線から外壁の劣化を守り、雨水の浸食から建物を守っているのです。
この外壁塗装の塗料でよく普及しているものは10年が寿命であるため、この期間を目安に専門家にチェックしてもらうことをおすすめします。また、外壁を張り替える工事も承っており、お客様のご要望に応じて柔軟な外壁や屋根のメンテナンスを実施いたします。外壁の耐久性性能は建物全体の耐震性と資産価値を守る上で必須であるため、丁寧に施工してまいります。

株式会社FLIPでは建築業界の間でも珍しく力をあまり必要としない傾向がある、防水工事と外壁塗装工事を請け負っております。そのため、男女を問わず活躍が見込まれ、性別に関係なく江戸川区で正社員の求人情報を公開しています。この新しい社員達も未経験から防水施工や外壁塗装の技術を身に付け、お客様の大切な資産である建物の耐震性と資産価値を守る立場に立っていただきます。
地震大国である日本では、建物の耐震性はそのまま資産価値へと直結する大変重要な要素であり、特に賃貸やテナント契約を結ぶための資産として建物を所有している法人様にとっては重要なファクターです。仮に外壁や屋根が劣化して、建物の内部にまで雨水が浸水してしまう状態が長期化してしまった場合、建物の基礎が腐敗して耐震性が著しく低下し、その結果建物全体の資産価値が大きく損なわれてしまいます。そうなってしまってから補修工事をするとなると、内部まで工事する大変大規模なものになりがちであり、相応の高いコストがかかってしまうでしょう。その前に定期的に専門家にチェックしてもらって、防水施工や外壁塗装などの施工で、結果的にコストカットすることをおすすめします。

新着求人

NEW JOBS

防水塗装(正社員)

防水塗装(正社員)

防水工事を行い、建物を雨やカビから守るお仕事

防水塗装(アルバイト)

防水塗装(アルバイト)

防水工事を行い、建物を雨やカビから守るお仕事

当店でご利用いただける電子決済のご案内

下記よりお選びいただけます。